歯が健康で笑顔の子供の為に

虫歯だと歯並びも悪くなり、全身の病気を引き起こしたり子供の体に悪影響を及ぼします。子供のころから歯の手入れをきちんとする必要が有ります。
虫歯になる原因は砂糖です。虫歯菌は口の中の砂糖を栄養として生きています。
糖分を虫歯菌が食べた後に酸が出ます。その酸が歯を溶かしてしまうのです。
砂糖を取らない方法はありません。なぜなら色々な食べ物に含まれているからです。
では防止するにはどうすべきか。口の中に砂糖があればあるほど虫歯が発生する危険性が高まります。ですので砂糖を早く掃除してしまえば良いのです。食事の後すぐに歯磨きを徹底する事が正解です。
また虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。
なりやすい人は少しの磨き残しでもすぐに虫歯になります。遺伝と言われています。歯並びや噛み合わせも重要です。磨き残しが出来てしまうからです。
正常な噛み合わせと唾液の分泌量が多い人であると虫歯になりにくいことがわかっています。
乳歯から永久歯に生え変わる時に噛み合わせが悪くなります。その時も虫歯が出来やすい時期でも有ります。口移しでお母さんから赤ちゃんに食べ物を与えるときが危険性が有ります。母親の虫歯の治療が大切です。子供の様子に気を付けてください。
少しでも歯の調子に疑問が有ったらすぐに歯医者に検査に行って下さい。
ただ子供としては歯医者が嫌いなので黙っている子もいます。仕上げの歯磨きの確認をめんどくさがらずにして下さい。

歯がボロボロなら栄養が摂れません

虫歯の早期発見が大事です。 3か月に1度定期的に検診をおススメ致します。子供の歯は成長に合わせて変化が有ります。 歯磨きのポイントも理解する必要が有ります。磨く場所は汚れが溜まりやすい場所です。 1つ目は歯と歯の間です。 2つ目は歯の付け根です。 3つ目は歯の噛む面の溝の中です。

歯科検診の現実

幼稚園や学校の保健室レベルの歯科検診では虫歯を見逃す可能性が有ります。 理由としては十分な設備がない事が有ります。環境が大事です。 対策は歯医者での検診を定期的に行うことです。 年に数回の定期健診を虫歯が発生しないサイクルで通うのが理想です。 時間も費用も節約が出来ます。

将来の為に乳歯期が大事

多少の誤差は有りますが、乳歯期は6歳頃までの事です。 乳歯は生え変わりますが、虫歯が出来ても良い訳ではありません。 永久歯に影響を与える可能性が有ります。 乳歯期に大きな虫歯が無くスムーズに永久歯に移行出来た子は虫歯が少ない傾向に有ります。対策をきちんとする事が大切です。